ホーム > 教育体制

教育体制

院内教育

  

1)新人

厚生労働省の新人看護職員研修ガイドラインに基づき、新人看護職員研修プログラムを作成し新人教育を実践しています。

@ プリセプター教育を実践しています

A 新人看護職員研修プログラムに基づき、定期的に評価を行い新人看護師の支援をしています。

<看護職員として必要な基本姿勢と態度について>
・ 看護職員としての自覚と責任ある行動
・ 患者の理解と患者・家族との良好な人間関係の確立
・ 組織における役割・心構えの理解と適切な行動
・ 生涯にわたる主体的な自己学習の継続

<技術的側面:看護技術について>
環境調整技術、食事援助技術、排泄援助技術、活動・休息援助技術、清潔・衣生活援助技術、呼吸・環境を整える技術、創傷管理技術、与薬の技術、救命救急処置技術、症状・生体機能管理技術、苦痛の緩和・安楽確保の技術、感染予防技術、安全確保の技術、透析

<管理的側面について>
安全管理、情報管理、業務管理、薬剤等の管理、災害・防災管理、物品管理、コスト管理

B 施設内で不十分な教育は、静岡県看護協会・静岡県東部地区看護協会の研修参加や近隣医療機関主催の研修参加等で、一人前の看護師として自信を持って看護が実践できるよう支援しています。

2)中途入職者

新人教育マニュアルの看護技術チェックリストを活用して、専門職として看護技術を実践できるよう支援しています。

<看護技術チェック項目>
1. 基本的看護技術
2. 救急時の対応
3. 医療安全について
4. 滅菌・消毒の取扱いについて
5. 検査・検体の取扱いについて
6. 透析新人チェックリスト
7. 透析業務内容・透析操作について
8. 入・退院(転棟)について
9. ショートステイ(入所・退所)について

3)経験者

教育計画を立てて、毎月1回テーマを決め勉強会を実施し質の高い看護実践が行えるよう支援しています。

院外教育

1) 静岡県看護協会・静岡県東部地区看護協会主催の研修
2) 近隣医療機関主催の研修
3) 静岡県社会福祉協議会主催の研修
4) 石川記念会グループ教育委員会主催の研修
5) 行政等の各種研修講習会

その他

1) クリニカルラダーを作成、導入実践できるよう準備中です。

  
教育体制

ご応募はこちら

資料請求

このページのトップへ